« 吉見変成岩類 | Main | 太陽中心説 »

January 16, 2005

タイタン

Picture6_L

ESAの土星探査機のプローブが土星の衛星タイタンに着陸.
衛星とはいえ,直径約5000kmは水星より大きい.
太陽系で大気のある衛星に初めて人間の手が届いたことになる.
写真の丸い固形物は,氷の可能性が高いそうだが,円摩されているところが面白い.
遠景を見ると,右から左に向かってインプリケーションがあるようにも見える.
また,固形物の間は粘土質のものだそうだが,レキの部分との関係が構造土のようにもみえる.
遠景の写真には大きな起伏があり,何らかのテクトニクスが働いていることを意味している.
大変おもしろい・・・・.

|

« 吉見変成岩類 | Main | 太陽中心説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/2594701

Listed below are links to weblogs that reference タイタン:

« 吉見変成岩類 | Main | 太陽中心説 »