« 分析準備 | Main | 科学ドキュメンタリー »

February 04, 2005

母校

enpak

 2月になって,三宅島の帰島が始まった.いろいろあっても,お年寄りには住み慣れたところが一番だろう.
 一昨日,母校のT教授のところに,角閃岩の薄片をお借りしに行った.4月から時間割がどうなるか分からないので,できるだけEDS分析を進めておかなくてはならない.大学は3年ぶりくらいだろうか.演博の前を通るとなぜかホッとする. 研究室では,問題の岩石の他に,深部ボーリングのコアなどを見せて頂き,勉強になった.面白かったので,ついつい長居をしてしまった.吉見変成岩の帰属を,若返りがある年代に基づいて議論するのには,「?」.Yさんの緑色岩の分析値もコピーできたので,収穫が大きかった.
 阿武隈東縁の雲母分離で,未処理の部分を片付けたので,明日から全岩分析用の緑色岩のピッキングをすることにしよう.
 地惑合同学会の初期地球セッションで,地球史についての教材について発表する話が進んでいる.NHKの映像教材を監修しているHさんと共同発表ができることになった.こちらも面白いことになりそうだ.
 気象観測の方は,法定点検品の納品と,先日のテレ朝取材の放送日の連絡が入る.データのデバックも進めねば・・・.分身が欲しい状態が続いている.
 

|

« 分析準備 | Main | 科学ドキュメンタリー »

Comments

個人的には三宅島の帰島開始はありがたい限りです。
なにせ御蔵島へ行くルートが増えるので、昨年みたく「八丈島日帰りツアー」になる確率が減るのです…。
とはいえ、火山ガスが噴出しまくる三宅島に立ち寄るのは危険きわまりないのかもしれませぬが。

Posted by: 泰姐 | February 21, 2005 at 05:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/2806386

Listed below are links to weblogs that reference 母校:

« 分析準備 | Main | 科学ドキュメンタリー »