« 母校 | Main | 教育論争 »

February 13, 2005

科学ドキュメンタリー

 昨日の午後,合同学会での,IさんとHさんと3人で初期地球に関する教育についての発表の打ち合わせした.3人のうち,学位を持っていないのは私だけという状態で,ハイレベルの議論が続いた.Hさんは某公共放送の番組制作にも関係されているので,授業で使っている映像教材について製作側の意図と利用している教育現場のマッチングについて,コメントしてもらうために加わって頂いている.
 授業で使っている映像教材は,もっぱら地球大紀行などの素材を再構成したものだが,最近,以前のような大人がみても満足できるレベルの番組が減っているように思っていたのだが,番組制作側が文系主導で,自然科学的な思考方法についての理解が乏しいという問題点があるそうである.

 毎日新聞のM村さんがぼやいているが↓
>系も理系もないっていうのは道理ですが、「そうでもないのよ」という人はいませんか?
>ういうことを言ってる私が時代遅れですか?
 日本で良質の科学ドキュメンタリーが製作できないのは,やはり文系理系の壁の問題があるらしい.BBCやディスカバリーチャンネルのように理系が主導する形でないとだめなんじゃないだろうか?理系白書で科学ジャーナリズムの問題として取り上げてもらえないかな?

 地球科学の分野では,海外で調査をすることも多い.Hさんは自分のフィールドでは,教材化できるような素材作りを心がけているというお話だった.世界中のフィールドに行っている研究者に,教材化を意識して映像や画像撮って
もらって,アーカイブをDB化できれば,すごい教材ができるのだが,という話になったが,これをやるとすると大きな仕事になりそうである.実現する方法があるかどうか考えてみたい.

|

« 母校 | Main | 教育論争 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/2912111

Listed below are links to weblogs that reference 科学ドキュメンタリー:

« 母校 | Main | 教育論争 »