« June 2005 | Main | August 2005 »

July 24, 2005

八方尾根

shirouma
 W大のSさんを案内して,八方尾根へ.写真は八方尾根から杓子岳方向を望む景色.谷筋には雪渓が厚く残っていたが,天候はまずまずで,順調に調査ができた.野外調査時のSさんの印象では,ヨーロッパアルプスやヒマラヤの岩石の記載と似ているそうである.
 今回の目的は,蛇紋岩マイロナイトの存否を確認することだったが,良い試料が取れたらしい.私の方は,以前から課題だったエクロジャイト露頭の捕捉が目的だったが,単独行では難しいところも入れたので,いくつか面白いサンプルが取れた.2000m近い標高で,片道3時間の登山を含む調査できつかったが,それぞれ成果はあった模様.Sさん,お疲れ様でした.
 23日は午前中で調査を終えて,夕方,東京にたどり着いたが,下町で震度5強を記録する地震.下町で震度が大きいのは地盤の影響もあるだろう.車中だったので気づかなかったが,都内では電車が止まって混乱したという報道.もう少し浅かったら,さらに大きい被害が出ていただろう,

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

発表

 福島の分析結果を,京都である地質学会年会でポスター発表することにして申し込みした.以前と違って,予稿集の原稿を,講演申し込みと同時にしなくてはならないので,これから取らなくてはいけないデータもあって少々苦労する.まとめてみるのは,調査で足りないところが見えるので,良いことではある.発表が最終日になると,翌日が小学校の巡検の引率なのでちょっとつらそう.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

恐竜展

050701
 恐竜展が7/3までなのと,夏休みの宿題の博物館見学の下見のために,上野の科博へ.金曜日は夜8時まで開館ということで,仕事を早めに切り上げて6時頃到着.遅い時間なので仕事帰りの大人が多い思っていたら,小学生以下の子どもで混雑していた.Tレックスの全身骨格が売り物だか,竜盤目から鳥類への進化がメインテーマになっている.こちらの標本も滅多にみられないくらい充実していたのだか,子どもにはちょっと難しいかも知れない.
 常設展示は,本館から新館へ一部の展示が移り,太古代の標本も増えてわかりやすくなった.ヨーロッパの博物館の展示方法なども取り入れてあって,岩石や鉱物などもキレイに見える工夫がしてある.宿題もよいレポートが期待できそう.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »