« August 2005 | Main | October 2005 »

September 21, 2005

長瀞

nagatoro
小学校の野外教室のつきそいで長瀞へ.朝まで雨模様だったが,曇りで暑くなく,歩きやすかった.小学生の皆さんも帰りまでエネルギーが切れず,元気そのもの.
 長瀞(埼玉県)の岩畳みで,地形,岩石,地質構造などについて話をする.長瀞は,こうした野外学習のメッカだが,変成岩の変成温度,変形の様子,年代について,自分の調査データに基づいて語れる人は,そんなにいないはず.変成岩の上昇,第三系の堆積と上昇,南北方向の断層系の形成を,それぞれ日本列島の造山運動,日本海の形成,伊豆-マリアナ弧の衝突と関連づけて解説してみた.少々,大風呂敷だったか.
 「石がお餅のようにビョ~ンと伸びる,なんて信じられないね」とは小学生の正直な感想.でも,虎岩の変形をみると,論より証拠.岩石は野外で勉強するに限る.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2005

京都

050919
 地質学会発表で京都へ
 発表だけでなく,京都の高校の先生や共同研究者の方との打ち合わせも兼ねている.宿題もいっぱい.写真は,1日目に宿に移動中に通った出町柳交差点近くの萩の寺.おりしも仲秋の名月で,思わず門前から撮影してしまった.同じお寺さんでも,京都だとなぜか趣きがある.
 学会発表のできはいまいちなのだが,早池峰構造帯を研究している方から声をかけていただいたりして嬉しい.初期人類のシンポジウムも,ラミダス猿人発見者の諏訪 元氏の講演などもあって,大きい収穫があった.
 19日は,五条烏丸に宿泊.宿の近くで,たまたま見かけた「魚政」という食事処で夕食.お孫さん連れのおじいさんが,矢継ぎ早に来店するアットホームなお店だが,お造りの腕は一流.しかも,とてもリーズナブルなお値段で,隠れた名店です.京都はこういうお店があるところがいいですね.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

カトリーナ

 アメリカのメディアの話題は,まだハリケーンのことが中心のようだ.
 地球温暖化によって,ハリケーンや台風が大型化するのは定説となっている.あまり,そういう意見はでてきていないようだが,京都議定書を否定したブッシュ政権が,大型ハリケーンの被害の責任追求を受けているのは,どう評価されるのだろうか? 結果,原油価格の高騰で,エネルギー消費が抑えられる効果がでてくれば,二重の意味で皮肉な結果である.
 いずれにしても,原油価格の高止まりと,アメリカの景気悪化の影響は,世界経済や日本に大きな影響を与えることが予想される.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

卒業生

050910
 ここのところ,卒業生がたずねてきてくれる機会がちょくちょくある.写真は先日,集まったお嬢様たち.早いもので,もう社会人や院生でバリバリやっている.この3人は,在学中から特に才能を感じる人たちだった.自分を超える人たちがどんどん巣立っていくのは,教育にかかわる者としてとても喜ばしい.月並みだが,これからの活躍に期待したい.

PS:業務連絡:転職するときは,前向きな動機でないとうまくいかんよ.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 02, 2005

Sir Joseph Rotblat

 海外はハリケーンと原油高,国内は衆院選で一色だが,訃報が1つ.
 ノーベル平和賞受賞者で,ラッセル・アインシュタイン宣言に署名した科学者の最後の生存者,ロートブラット卿が亡くなった.96歳とのこと.
 今週,合宿で徹夜している際に,深夜枠でルポルタージュ番組をやっていて,インタビューを申し込んだが,体調不良による入院中のため,話ができなかった,というのを見たばかりだった.
 自然科学の平和利用は,20世紀科学の最大の課題だが,宿題が果たせないだけでなく,相変わらず自然災害で多くの人が亡くなる.科学はまだ無力である.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »