« カノープス | Main | 三波川 »

December 22, 2005

フーコー振子

pend
 フーコー振子の動画教材撮影のために,G大へ.大学に実験用のフーコー振子が設置されているのは珍しいとのこと.疲れがとれないので体は重かったのだが,M先生との約束だったので頑張った.
 制振装置などがついていない年季の入ったデリケートな装置だが,その分,歴史に忠実に再現されていると言える.ゴミ集積場の横でお掃除の人の仕事の邪魔をしながら,計5時間ほど格闘していくつかそれらしいシーンが撮れた模様.階段の横で足音がよく響く.ここの足音で,DANDANさんというあだ名になった人の話を思い出した.教材にするときは音は切ってしまうので構わないが,素人の悲しさで構図などが怪しい.何度か挑戦しないと公開用までは行かないかも知れない.
 撮影の後でごちそうになったコーヒーがおいしかった.M先生ありがとうございました.

|

« カノープス | Main | 三波川 »

Comments

 M先生のお話だと,建て替え計画はあるそうですが,その場合も残すようにしてもらっているそうです.今は,錘の下にレーザーポインターをガムテープで固定して,光跡を使って振動の様子を記録するそうです.
 半日,揺らしましたが,天気は悪くなりませんでした(笑).
 大学の実験用だが,動画教材になって役に立てば本望とのことでしたので,なんとか作品になるように製作したいと考えています.

Posted by: 管理人 | December 30, 2005 at 12:29 PM

懐かしいシーンです!ここの研究棟も近々改築されるのだというお話を聞き、フーコー振子はどうなってしまうのだろう、と、気になっています。(尤も、建て替えの予算がつかないことには実現しないのでしょうけど…)
こいつが揺れていると雨が降る、という伝説?もありました・・・

Posted by: moon | December 26, 2005 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/7781207

Listed below are links to weblogs that reference フーコー振子:

« カノープス | Main | 三波川 »