« シンガポール | Main | 品川 »

October 28, 2006

履修科目問題

 大学の人のブログに,こういうコメントをつけるは何だが,Dr.Qなら許してもらえるだろう.
 こういう事態を招いたのは,大学が競って入試科目を減らしたのが原因と考えられる.受験科目を減らすと受験者数が増えるというのが理由だった.学力低下問題も,ゆとり教育や教育力低下でなく,大学人ともあろうものが科目数減によって,事実上,教養を軽んじることを宣言してしまったことが主因である.副次的には,学校や教科の選択性を推進してきた行政にも責任があるだろう.
 今回の騒動を解決することは簡単で,高校で必修になっている科目は,大学入試でも必修にすればよいだけのことである.

|

« シンガポール | Main | 品川 »

Comments

 目先の進路も大事なのですが,やはり教育というのは,子どもの20年先,30年先のことを考えてやるべきだと思うのです.私のところは社会も理科も全科目必修としていますが,職場の中でも,学校生き残りのためには進学実績を上げるのが近道という考え方が根強くあって,それに負けないためにも,実績を上げて見せて文句を言わせない必要があります.
 今回のマスコミ報道を見ていると,学校叩きの状況になっていて,教育の未来を考えたときに大きなマイナスになると予想します.報道だけみているとkanroさんのように感じるのはごく自然です.しかし,学校不信の延長には,学校の管理強化によって教育者の自主性を損なう方向が見えています.
 マスコミの人はそうしたことに責任をとるつもりがあるのでしょうか?

Posted by: 家主 | October 29, 2006 at 10:35 AM

はい、許しますよ(笑)
もちろん、そうなんですが、そもそも、社会も理科も、全部必修にして欲しいという考えです。世界史だけじゃあだめで、理科も人気のない物理も地学も学んで大人になって欲しいのです。

もちろん、受験には不利ですがね。でも、いい人間になると思うんですがね。東大行きたけば、院から行けば、受験のあと4年間頑張ればいいし・・・。

学校教育を生涯教育の1つと考えることができればいいんですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

Posted by: masami | October 29, 2006 at 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/12466719

Listed below are links to weblogs that reference 履修科目問題:

« シンガポール | Main | 品川 »