« November 2007 | Main | January 2008 »

December 27, 2007

チャップリン

071226

 仕事の打ち合わせで都心に出るついでに,近代美術館フィルムセンターのチャップリンの秘書だった高野(こうの)虎市遺品展に立ち寄る。ラジオにご遺族が出演されていて,不世出の天才俳優のために人生をささげていた,という話をしていた。ハリウッドと日本の映画界の交流の様子も垣間見えて面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

テレビ番組

071222


 昨日,テレビ番組で,活火山に行って,溶岩で風呂を沸かす,という企画をやっていた。「真似をしないで下さい」というキャプションも入らず,溶岩の末端で素人が作業するという内容だ。いくら火山学者が同行しているとはいえ,たいへん危険な行為を,面白おかしい演出でやっている。ハワイではlave walkというツアーがあって,溶岩すくいなどもできるようだが,これは粘性が低いハワイの溶岩だからできることである。
 雲仙でなくなったクラフト夫妻の例を挙げるまでもなく,活火山のそばで活動することはプロにとっても危険をともなう。日ごろ,「噴火している火山に,物見遊山で素人が行くのはもってのほか」と話しているのだが。火山学者の方たちに抗議運動をしてもらう,などできないものだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2007

ぐんま天文台

071210

 冬合宿のため,群馬県の県立ぐんま天文台へ。
 12月の新月の時期を狙ったので,例年より早い実施となった。
20日すぎだとクリスマス寒波のために大雪になることがあるので,これを避けることも狙ったのだが,冬型になって2日間との雪が舞い,9日夜は天文台はうっすら積もってしまった。このため,貸し出し機材による撮像はまったくできなかった。
 ただ,さすがに雲の切れ目の星空はきれいで,都内ではまったくみえなくなっているホームズ彗星も,肉眼で月の倍くらいの半径ではっきり確認できる。双眼鏡で見ると,都内で冷却CCDで撮像した画像のように見えて感激。
 写真は,国民宿舎わらび荘のお土産コーナーで目立っていたカニのヌイグルミ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »