« April 2008 | Main | July 2008 »

May 25, 2008

JpGU

080525

 久々に自分の専門分野の発表のために,幕張メッセのJpGUへ行く。
 「かぐや」の初期成果の特別セッションも目当てだったが,まだ解析中のものが多いということで,「はやぶさ」のときのような刺激的な内容に関しては今ひとつだった。
 ポスターセッションのコアタイムでは,知り合いしか見てくれず少し凹む。結構,面白い内容だと思ったのだが・・・。I先生と議論できたのが収穫。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 24, 2008

科学史学会

080524

 科学史学会で発表するため,調布の電通大へ。
 科学史学会はポスターセッションがないので,久しぶりに口頭発表をする。理系の学会と違って,レジメを配布して話すスタイルや,OHPなど様々な発表方法があって面白い。会長の伊東俊太郎氏が引退講演ということで,拝聴してきたが,大学者なのに大変気さくな方で,お話も芸の域に達して面白かった。ただ,科学史の世界でも伊東氏のように一分野を総覧できるような学者は少なくなっているようなので,この分野でも巨人の時代は終わりつつあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2008

PAONET

080520

 国立天文台でPAONETユーザーズミーティング。13:30分開始だが,14:00まで授業だったので,授業後ドタバタと移動。市役所横からタクシーに乗って,WG報告には間に合った。途中,自宅が天文台のそばだというタクシーの運転手さんと,昔の天文台の話で盛り上がる。なんでも,子どもの頃は構内の防空壕跡で遊んだとのこと。
 PAONETの方は,NAOが運営から降りるとのこと。誰かさんがやっている余計なプロジェクトを整理する方が先のような気もするが,予算を握っている奴は強いのが世の中の矛盾かと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2008

開港記念館

080518

気象学会で研究集会をするため,横浜の開港記念館へ。
明治時代の建築物とかで,歴史を感じる作り。

 今回は,気象キャスターの方お二人にお話を頂いて,気象情報と教育の関係について考えるという企画。若い予報士の方や年配の学校関係者の方に参加していただいて有意義だった。科学コミュニケーター関係の人が来ていたのにはびっくり。質問等も多く出た。企画から受付までやるので大変なのだが,やってよかったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2008

越生

080503

 いろいろと煮詰まってしまったので,越生町へローソン石の試料採取に行く。調査が息抜きになってしまうとは,焼きが回ったものである・・・。
 ここは,今から50年ほど前に埼玉大学の関陽太郎先生が調査された地域で,その頃の案内書があるのだが,露頭はかろうじて残っていた。写真の上側の白い部分がチャートで,その下の幅5cmほどの黒い部分にローソン石が含まれるとのことである。最近,ローソン石にはREEを含むものがあるという話があるので,その確認が一つの目的。
 もう一つ,別の目的の下見だったのだが,このための調査は藪が枯れる冬が良さそうだ。
 越生は古い町並みが残っていて,散策をしていて楽しいところだ。遅いお昼に食べた「甚五郎」のうどんも美味。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | July 2008 »