« May 2008 | Main | August 2008 »

July 26, 2008

訃報

Pict0182s

 ニューヨーク州立大学名誉教授・都城秋穂先生が亡くなられた.
 都城先生には,一昨年直接お目にかかってインタビューをお願いした.その際に,いつも散歩をされるお気に入りの場所に連れて行っていただいた.ニューヨーク州州都オルバニーの西にあるその場所は,古生代の石灰岩が高い崖を作り,崖沿いにインディアン・ラダー・トレイルという,その昔インディアンが使った古道が復元してある.報道によれば,先生はその場所から転落されたらしい.
 現在,進めているアパラチア山脈の変成岩の調査は,都城先生のお勧めで始めたものである.成果を出して先生に報告に行こうというのが,共同研究者間の合言葉だった.他にもいくつか宿題を頂いている.
 こんな形で世を去られるとは思いもしなかった.謹んでご冥福をお祈りいたします.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2008

小川町

Dscn0073

写真は,小川町の黒瀬川帯とされる蛇紋岩の露頭.

現在,進行中の分析とまとめ作業
1.S県Y変成岩の全岩化学組成 >地質学会秋季大会で発表予定
2.F県Y変成岩の年代 >JpGU連合学会で発表したもの
3.S県K角閃岩の年代と帰属 >クロマイト組成分析中
4.G県S変成岩のざくろ石包有物 >PT条件計算依頼中,年代測定準備
5.G県S変成岩のU-Pb年代 >査読への対応終了
6.N県H変成岩の年代 >鉱物分離準備中
7.NY州A変成岩の重鉱物 >分離と年代ほぼ完了.後はT工大にお任せ
ということで,並べてみるとずいぶんあった・・・.
 25日からしばらく悪天候ということで,一日予定を繰り上げて3の追加試料の採取に半日調査.とても暑くて参る.変質が弱い角閃岩の試料が取れれば,K-Ar年代測定を依頼する予定.今回は研究費がどこからも出ないので自腹になりそう.うーん.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2008

クロマイト

Ky612

 6月は,高熱で一週間ほど入院を経験してしまった.すぐ職場復帰したが,一週間のブランクを取り戻すのにずいぶんかかってしまった.今週あたりから平常活動を再開しつつある.
 写真は,某所の岩石薄片中のクロマイト.以前,巡検の際に立ち寄った露頭で,ここでクロマイトが出ればいいのにね,と言って取ったサンプルに含まれていた.これで,この岩体の帰属が決まるかも知れない.分析継続中.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | August 2008 »