« 西堂平 | Main | 坂野先生 »

August 11, 2008

上野

080811

 科博の「金・GOLD展」を見に,上野へ.
 金がキーワードのまとまった展示は大変珍しい.展示物の合計金額はいくらになっているのだろう?
 準備作業の大変さを知っているので,批評はしにくいのだが,もう少し内容的には濃くできなかったかと思う.せっかく科博が会場なのだから,文化的な視点にしても,自然科学の視点としても,もう一息工夫が欲しかった.例えば,金の鉱化作用については,ここ30年ほどの間に大きな進歩があったので,金鉱床の生成理論やその地球史的な意味についての解説展示ができたはず.鉱石の組織を科学の目で読むと,水蒸気爆発による角礫化が見える標本などもあったのだが,観客の人はどこが金なの?,という反応だった.
 コロンビアの文化財展示も,並べてあるだけ,という感じになってしまっていたので,学術的な解説がもっとあってもよかったのではないだろうか.
 せっかく力を入れた展示なのに,ちょっと残念だった.

|

« 西堂平 | Main | 坂野先生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/42137066

Listed below are links to weblogs that reference 上野:

« 西堂平 | Main | 坂野先生 »