« July 2010 | Main | September 2010 »

August 29, 2010

メモ

 「なぜそのような本を書いたのか.将来の日本を考えるからである.しばらくアメリカに住んで,つくづく感じさせられたのは,日本がどんなに天然資源にとぼしいかであった.まったく,お話にならないほどの差なのである.この貧弱きわまる天然資源で一億の日本人が人なみの生活をしてゆくためには,どうしても原料を輸入し,製品を輸出するほかにない.ぜったいそれ以外にはない.ということは,工業がわたくしたちの生活を支える屋台骨だという事実を意味する.だから,これからの若い優秀な人たちは,どしどし理科・工科の方面に進出してくれなくてはこまる.そちらにに向くすぐれた人材が出なくなった時は,すなわち日本が衰亡への途を踏み出した時である.」

小西甚一 「古文の読解」 初版はしがき (昭和32年~33年のスタンフォード大学滞在当時は,東京教育大学助教授) ちくま学芸文庫解説から抜粋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

舞鶴

福井県から鳥取県にかけての西南日本内帯の地質体を巡検.衝上断層を介して,古いものがより構造上の上位に重なることが分かる.ただ,帯境界の露頭は,風化が進んでいたり,林道が立ち入り禁止になっていたりして,
劣化が進んでる.

Fukopass普甲峠角閃岩 京都府普甲峠









Yakuno夜久野オフィオライト 福井県高島町和田










Sangun三郡変成岩 養父郡中瀬

















Ultratanba超丹波帯の泥質岩層 福井県高島町和田









Tanba丹波帯の泥質メランジュ 福井県小浜市片江鼻



| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2010

神奈川県立博物館

P8211340s


神奈川県立・生命の星地球博物館で開かれている「日本列島20億年展」の見学に行く.最新の学説を元に,日本列島各地の岩石を展示してある.できれば,その岩石からどのようなデータが読み出されて,そのような説が提唱されているのか,が分かる資料がついているとよいと思った.10月に特別展に関連してお話をさせて頂く予定.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2010

東北調査

100804_13s

母体変成岩中の超苦鉄質片岩露頭






Dsc05349s


焼石岳南方の450Maトーナル岩





Dsc05391s


一ノ目潟

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »