« October 2011 | Main | December 2011 »

November 20, 2011

科学哲学会

111120

 打ち合わせに呼ばれたので科学哲学会のシンポジウムを聴講.哲学では学術発表を「提題」というのか,など異文化コミュニケーションだった.打ち合わせは残念な結果.やはりこの仕事は個人的にやるしかないようだ.

 熊澤先生は,有能な人にアイデアを示して新しい分野を築くのが役目と自ら任じて活動しているらしい.全地球史解読では丸山氏,今回の「科学の科学」では戸田山氏と組んで科学哲学で新分野を開拓しようという企画.地球科学を分析して,というが,熊澤先生,吉田さん,渡辺さんは,少し変わった地球科学者なので,別分野の人には「これが地球科学」と誤解される可能性もある.

 どんどん造語を作るのも名古屋大グループの特徴.例えば,渡辺さんの「歴史構築科学」は,都城先生の「複合構造理論」と区別がつかない.むしろ,モデル間の接続を歴史性のあるシナリオに限らない点で,「複合構造理論」の方が上位概念になる.今回の発表だけ見ると,渡辺さんの独創みたいに見えるから,先行研究として示すべき.

 写真は,会場の日大文理学部そばの午後の日差しがあたってきれいな欅.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2011

松本竣介

111119_2

桐生の大川美術館で「松本竣介とその時代展」に合わせたご子息の松本 莞氏の講演会に参加.偶然だが,平田オリザ氏のトークに続いて,昭和初期から太平洋戦争中に至る日本の文化史に関連している.莞氏のお話は,ご家族しか知らない事実も含み,いろいろと考えさせられる内容だった.あいにくの強い雨の夜だったが,参加した甲斐があった.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2011

PAONET講習会

111108a


平塚市博物館のプラネタリウムに新兵器が入ったという話しで,PAONET講習会に参加.写真のボールが新型プラネタリウム投影機で,その下が4kデジタルプロジェクター.両方を重ね合わせて様々な画像が投影できる.4kデジタルは,3D投影と会わせて,10年先くらいに科学教育の主力機材になっていくことが予想される.





111108b

と.プラネタリウム入り口で,Ngaさんお手製の降着円盤模型を発見.個人的には,デジタルよりも,こちらの方が好み.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2011

ソウル市民

111104

平田オリザ氏のソウル市民5部作のうち,新作を観に吉祥寺シアターへ.観劇はほんとうに久々.

高校生も来ていたが,ディーテルが難しいので,ちょっと敷居が高かったか?
トークゲストの関川夏央氏との対談も面白かった.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »