« 第36回酸性雨問題研究会 | Main | 雲仙 »

March 19, 2012

野母崎

120319_2

装置が故障ということで,予定していた分析ができなくなってしまった.
せっかく休日出勤を代わってもらっていたので,この機会に課題だった野母崎の古生代前期の年代を持つ変斑レイ岩の調査にきた.辺鄙なところなので,誰も再調査しないのだろうと思っていたが,長崎市内から約1時間で着いてしまった.こんなに便利なところにあって,誰も検証しないのは何故?
画像は今回の新兵器のグローブとハンディGPS.血栓防止剤を服用しているので,小さい傷でも血がとまりにくいのだが,このクライマー用のグローブをしていると手に傷ができにくい.GPSはガーミンの古いモデルを使っていたのだが,標示部の表面にヒビが入って数字が読みにくくなってしまった.ロシアや「みちびき」にも対応して,衛星が捕捉しやすくなったということで買い替え.古いモデルはPCとは自作ケーブルでないとつなげなかったが,キットを買ったものの結局完成しなかった.今回のモデルは衛星捕捉も早く,PCの読み込みも楽々.

|

« 第36回酸性雨問題研究会 | Main | 雲仙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/54260702

Listed below are links to weblogs that reference 野母崎:

« 第36回酸性雨問題研究会 | Main | 雲仙 »