« 粉末作成 | Main | LA-ICP-MS »

March 04, 2013

四国試料採取

Seba

 ジルコン抽出用の試料採取のため,職場の仕事を勘弁してもらって四国入り.この時期を逃がすと,藪が濃くなって露頭が見えにくくなる.ただ,血栓防止の薬を飲んでいるので,山中の人の少ないところで,少し大きい怪我をしてしまうと出血が止まらなくなって致命傷になる怖れがある.残念ながら,以前のように沢の中で思い通りに動き回ることができない.一人で試料をとって処理し,分析をやって,論文化する,という家内制手工業的なやり方をしているのは,学会のはやりすたりなどに左右されずにオリジナルな調査をするために採用してきた方法だが,そろそろ限界に来ているのだと思う.だいたいの調査のあたりはついてきたので,あとは残務処理を済ませたい.都城先生の宿題のアパラチアの試料に集中するようにしよう.
 前日から熱っぽく体調がよくなかったが,ハンマーを使って動いている間に体調は戻ってきた.この冬はやや血圧も高めだったが,山道から降りてきたら下がっていて以前の水準に戻っていた.地質調査をすると体調がよくなるというのは,天職なのかもしれない.画像は,瀬場谷の白色片岩.1cm近い自形のざくろ石がついている.これは何者だろう?

|

« 粉末作成 | Main | LA-ICP-MS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/56887568

Listed below are links to weblogs that reference 四国試料採取:

« 粉末作成 | Main | LA-ICP-MS »