« May 2013 | Main | July 2013 »

June 29, 2013

杉村新先生卒寿記念シンポジウム

杉村新先生卒寿記念シンポジウムを聴講.以前,お宅に伺ってお話を聞いたことがありましたが,そのときと変わらない飄々としたお話しぶりでした.科学史に名を残さなくてもよいが,「科学史に石を残すべし」というのがまとめのお話でした.地質構造にステレオネットを使ったり,1950年代にすでに日本列島下に沈みこむスラブを描いていたり,と一人学際を実践したかたとして,科学史分野からの話題提供があったもよかったかもしれません.
130629b

130629a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2013

ジルコン・マウント

130607

久しぶりにジルコンをマウント.
K-Ar年代は若返っていて使えない岩石.Rb-Sr年代とモナズ石のU-Pb-Th年代は求めてもらってある.ジルコンのU-Pb年代はK大のA氏が測定しているのだが,いっこうに論文化されない.A氏の論文が出たら,それにのっかって他の年代の解釈を出す予定だったのだか,そろそろデータの賞味期限が近づいて,そうも言っていられなくなった.論文はやく書きましょう>Aさん.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2013

スズナリ

130601a

午後,引率終了後,スズナリで燐光群の「帰還」を見る.最初は,ダム問題の話と思っていたのだが,後半は戦後史秘話に展開.ただ,台詞の意味が分かるのは,戦後政治史に詳しい人だろう.スズナリは30年ぶりくらい.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »