« 書評 図解プレートテクトニクス入門 | Main | 書評 巨大地震の科学と防災 »

November 24, 2013

安房鴨川

地質屋であることを忘れそうになってきたので,安房鴨川で自主巡検.四万十帯では,9000万年前から6000万年前の三波川変成岩類と,4000万年前の嶺岡帯変成岩類の二回の変成岩の上昇を経験している.できれば砂質片岩を採取して,ジルコン年代を出して見たかったが,港湾整備でテトラポッドを増やしたらしく,砂質片岩のある露頭はその下に入ってしまったらしい.代わりに赤色チャートのブロックは採取できた.もう一つの目的は,枕状溶岩の産状の撮影.千葉県青年の家の岩礁はよい露頭できれいな画像が撮像できた.
1470156_730884643590857_378010107_n

1470375_730884103590911_849538143_n


1472829_730883326924322_1056636111_

969287_730883796924275_1635106729_n


|

« 書評 図解プレートテクトニクス入門 | Main | 書評 巨大地震の科学と防災 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/58633714

Listed below are links to weblogs that reference 安房鴨川:

« 書評 図解プレートテクトニクス入門 | Main | 書評 巨大地震の科学と防災 »