« 木呂子角閃岩 | Main | 「学力の経済学」批判 (辛口) »

August 07, 2015

岩屋岩蔭遺跡考

 岐阜県で日本の地質関係の露頭画像を撮るためにロケハンした.
 露頭ではないのだが,日本の考古天文学の成果とされている下呂市金山町の岩屋岩蔭遺跡を見学してきた.この遺跡は,社会科教科書資料集などで,古代の太陽観測の例として扱われている.
 「パワースポット」として観光名所にもなっていて,町おこしでツアーなども行われているので,水を差すつもりはないのだが,地質学的な観点から若干の考察をしておきたい.

 現地で観察してみると,岩屋岩蔭遺跡周辺の地形は,地すべりによる馬蹄形の凹地になっている.巨石群は,全て,この地域に広く分布する濃飛流紋岩類である.巨石は,地表付近の風化で残った核の部分が,地すべりによって移動したものと考えられる.巨石の古地磁気の測定も行われているが,人為的でなくても,地すべりによる移動で,それぞれの巨石の古地磁気方位はずれる.
 地すべりによる崩落によって,巨石群が積み重なった部分が岩屋として残り,ここを縄文人が岩蔭遺跡として利用したものと考えられる.
 このような巨石群は,イワクラとして「カミマツリ」の場となっている例が多くあり,「妙見社」が祭られていることからもそうした信仰の対象となっていたことも伺える.

 Photo_2岩屋岩蔭遺跡遠景

Photo_3妙見社








 濃飛流紋岩類は,白亜紀大規模火成活動によって形成されたものである.濃飛流紋岩類は厚い火砕流堆積物を作るのが特徴で,下呂市でも飛騨川沿いに広く分布し,「屏風岩」などで遠景を見ることができる.
 火砕流堆積物は,大量の火砕流が地表に積もって,収縮しながら冷えて固まったもので,厚み方向の収縮により,火砕流に含まれている軽石がつぶされてレンズ状になる組織を持つことが多い.巨石群の岩石にも,つぶれた軽石レンズが多く見られる.同じ火砕流堆積物では,塀の石材で使用されている大谷石に見られる「ミソ」と呼ばれている部分がこれにあたる.
 また,厚み方向に直角な方向の収縮により,火砕流のシートが厚み方向に割れる柱状節理と呼ばれる割れ目が形成される.屏風岩のたて方向のすじは,柱状節理面を示している.溶結凝灰岩は,この面で割れやすい性質を持っている.

Photo_4屏風岩

Photo_5巨石表面で見られる軽石レンズ







 巨石Aを使って太陽観察をした証拠として提示された,人為的にマークされたとされている「刻印」と「線刻」をよく見てみよう.刻印の方は大きめの軽石レンズ,線刻は柱状節理面で,両者はほぼ直交している.「刻印」のレンズの方向は,小さな軽石レンズの方向と同じであり,線刻の方は巨石A西側の破断面や巨石Aの北側にある巨石Dの節理面ともほぼ一致している.どうやら「刻印」と「線刻」は溶結凝灰岩の組織であるようだ.道具を使用して描いた人為的なものかどうかは,考古学の専門家に道具の使用痕があるか観察してもらえば検証ができる.

A「刻印」と「線刻」の解釈







 岩屋岩蔭遺跡とよく比較されるイギリスのストーンヘンジでは,有名なフレッド・ホイルの説以降,いろいろな考古天文学の検討がなされているが,ストーンヘンジ遺跡の軸方向が夏至の日の出線であることは認めるものの,その他のものについては考古学者を納得させるものにはなっていないようである.
 岩屋岩蔭遺跡の巨石群も,地すべりによる移動によって,節理面がいろいろな方向を向いているので,その中から天文学的に有意なものを見つけることはできるだろう.たとえば,巨石Jの三角面の延長方向が北極星方向だったり,巨石Cの西側に座ってみていると巨石の縁から太陽が見える方向が季節によって変化したりするのは確からしい.ただし,古代人が,この方法を使って観測をしていたことを科学的に証明するのは,残念ながらなかなか難しい.

J巨石Jと北極星方向

C巨石Cと太陽







 日本でも,神社の建物配置が北極星方向や特定の節季の日の出日の入り方位と関係しているところはある.例えば,伊勢神宮の社殿配置は,天帝のいる北極星方向を拝むようにできているように見える.
 民間で,北極星を拝む妙見信仰は仏教伝来以降に広まったので,少なくとも縄文期から天体観測をしていた,と考えるのは難しいのではないかと思う.

 岩屋岩蔭遺跡を地質学的に見たレポートはあまりないようなので,観察結果をブログに残しておくことにした.

|

« 木呂子角閃岩 | Main | 「学力の経済学」批判 (辛口) »

Comments

自分も先日、BSジャパンの番組でこの遺跡の特集を観て「何でそんなおかしな事を主張してるんだろう?」と思ったものですが、まさか教科書にまで載っていたとは…一応、「岩屋岩陰遺跡」のウィキペディアに批判的な書き込みをしておきましたが、すぐビリーバーに消されるかもですね。

Posted by: 大海笑 | December 23, 2016 at 02:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/62035406

Listed below are links to weblogs that reference 岩屋岩蔭遺跡考:

« 木呂子角閃岩 | Main | 「学力の経済学」批判 (辛口) »