« 夭折の銅版画家-清原啓子-創作の秘密 | Main | CL画像撮影 »

December 30, 2017

三波川鉱山

Ss

鬼石町の三波川流域で,昭和20年代に銅や鉄を試掘した鉱山があった,というレポートがあるので,場所を探しに地質調査を行いました.地元の展示施設などで聞いても詳しい場所が分からないのですが,レポートの地質状況から大奈良地域の下流の厚い緑色片岩の分布のどこかと推定されます.熊の出没情報もあったので気をつけて調査して,一応の地質図と試料採取ができました.鉱石そのものは発見できませんでしたが,硫化物が濃集している部分は分かりました.年代測定ができそうな試料がとれなかったのが残念.

画像は,寒桜で有名な桜山公園から見た,御荷鉾山と,その北側を流れる三波川流域です.御荷鉾山は「御荷鉾緑色岩類」の模式地,三波川は「三波川変成岩類」の模式地,その南側の秩父山地は「秩父帯」の模式地で,日本列島の背骨にあたる地質体が定義された地域になっています.

|

« 夭折の銅版画家-清原啓子-創作の秘密 | Main | CL画像撮影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73636/66220317

Listed below are links to weblogs that reference 三波川鉱山:

« 夭折の銅版画家-清原啓子-創作の秘密 | Main | CL画像撮影 »